本文へ移動

基本理念・方針

■基本理念

株式会社ヒラヤマは、地球環境の保全が全人類の最重要課題であることを強く認識し、
企業活動の全ての面において地球環境の保全に模範的な企業を目指します。

■基本方針

  • a ) 株式会社ヒラヤマは、産業廃棄物及び一般廃棄物の収集・運搬、産業廃棄物の中間処理、建造物の解体及び建設工事のすべてにおいて、環境への影響を常に把握し、継続的に改善するとともに環境汚染の予防に積極的に努めます。

 

  • b ) 中間処理施設が位置する周辺住民の生活環境の保全に配慮し、関係地域住民との公害防止協定を遵守するとともに安全で環境負荷の少ない処理施設を目指します。

 

  • c ) 関連する環境の法規制を守り、騒音、振動、粉塵、及び水質汚濁の抑制を図ります。

 

  • d ) 環境保全教育を定期的かつ計画的に実施し、全ての人が環境方針に対する理解と認識を高めるとともに、地域の環境美化奉仕活動も積極的に行います。
 
  • e ) 設備の近代化と処理能力強化し、作業の標準化に務め、廃棄物を効率的な方法で適正に処理します。
 
  • f)建造物の解体及び土木・建築工事においては建設リサイクル法に従って安全かつ模範的な施工を行い、発生廃棄物の再資源化に積極的に努めます。

この環境方針に基づき、毎年度の環境目的及び環境目標を設定し、
その達成状況を常に把握するとともに、継続的に見直しを行います。

■労働安全衛生方針

ヒラヤマグループは、企業経営の最も優先すべきことは「全従業員の命と健康を守る」ことであり、職場において労働災害や交通災害が発生すれば、従業員やその家族を不幸にするだけでなく、企業の生産や仕事の能率を阻害し、場合によっては企業経営を脅かしかねないという事を深く再認識すると共に「安全第一、品質第二、生産第三」の経営方針を揚げて全ての事業場において徹底した安全衛生活動を実施し、全従業員の安全と健康を守り抜きます。また、すべての企業活動において第三者に危害を及ぼすような公衆災害を起こすことの無いよう、次の目標を宣言します。
 
➀全従業員が、労働災害を防止するための強い責任と役割をもって安全衛生活動に積極的に参加し、すべての事業場と作業内容においてリスクアセスメント(危険を取り除く対策)を常に実施します。また、それに沿った作業環境と作業手順の改善を行い、毎日、毎現場、毎作業ごとのKYK活動(危険予知改善活動)を通して今年一年間、休業4日以上の労災事故を一件も起こさないようにします。
 
②各事業場の安全衛生管理の取り組みについては、各工場長や事業所長ならび現場責任者の責任と役割が非常に大きいことを考慮し、「安全衛生管理者は何をすべきか」の教育を強化すると共に、特に近年当社においても目立った事故事例である、高所作業における墜落、転落、重量物の吊り上げ落下事故、また機械への挟まれ事故、作業車両による第三者との交通事故等の防止対策について、その指導・教育を毎月一回以上定期的に行い、この種の事故を徹底して無くします。
 
③全ての作業場において 5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の運動を強化し、常に安全性に優れた 職場環境の構築を図り、全作業員の安全意識向上への気持ちの整理を促すと共に、グループ内の働き方改革の実施と従業員の喫煙率を段階的に削減する職場環境を促すなど、全従業員の心と体の健康を保つ活動を積極的に行います。
 
④全従業員の必要資格の取得や技能講習会等への参加を計画的に進めると共に、特に近年増化する外国人実習生や労働者への安全教育も強化し、100%有資格従事者による無災害労働を達成します。
 
⑤私達は事業活動の全てにおいて 周辺住民の生活環境を脅かすような事業形態や作業方法を徹底的に排除し、環境保全に適した健全な事業運営に努めると共に、第三者を巻き込んだ交通事故や公衆災害を起こさぬよう全従業員への教育を強化します。

■品質方針

我社は、全ての事業において高い品質とサービス並びにスピードの向上をはかり、お客様の満足度を第一に事業を営む事を使命とする。
 

  • すべての事業所において、品質とスピードを重視し事業計画に基づいた科学的な事業運営を行います。
 
  • b) 社員が品質向上をはかる為の技術革新を積極的に進め、その教育と訓練を定期的かつ計画的に進めてまいります。
 
  • c) 全ての事業において事業計画を文書化し、より具体的かつ計画的な事業運営を進めます。
 
  • d) 御客様(発注者様)の満足度を追求する為に作業完了時のアンケート調査を実施し、ニーズをしっかり捉えた事業運営に対する研究を絶え間なく続けていきます
0
3
4
5
5
3
TOPへ戻る